志賀税理士事務所
所得税
消費税
法人税
不動産取得税
不動産譲渡会社設立による節税その他所得税
賃貸物件の消費税の還付その他消費税
相続・贈与税
料金表

2010年08月19日

生保二重課税問題の還付について

平成22年7月6日に国が40年以上続けてきた課税に対する違憲判決が最高裁判所で出されました。
これにより、法律で救済される過去5年間はもちろん、5年以上過去のものについても還付を認める方向で調整されています。

この還付は更正の請求により納税者が税務署へ請求した場合に限り還付されるものであって、何もしなくても還付が受けられるわけではありません。
当事務所では成功報酬・後払い:還付された税金の20%で更正の請求手続きを承っております。申込はコチラから
(注)日本全国対応致します。

還付が可能なケースは以下のすべての条件に当てはまる方です。
(1)相続により、年金型の生命保険を受け取る権利を相続した。又は死亡保険金を一時金ではなく年金払いで受け取ることとした。
(2)年金型の生命保険を受け取る際に所得税が源泉徴収されている。又は他に収入があり確定申告により所得税を納税している。

このような方は過去5年分の所得税の一部が更正の請求により還付され、対応する住民税も還付となります。
5年以上過去のものの還付請求については現段階では国側で調整中となっております。
判明し次第、このホームページでご報告・上記更生の請求をお申し込みのお客様にはメール又はお手紙よりご報告致します。

(注)今回の判決では年金受給1年目のみ、結論が出ています。
年金受給2年目以降の計算方法は現在、国側が調整中です。
還付請求はこの結論が出てからの行うこととなります。

投稿者: 日時: 2010年08月19日 09:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)


生保年金の二重課税問題について(解説)

生保年金の二重課税問題について解説します。

判決文はこちら

法律では、1つの収入に対して2つ以上の税目で課税することができません。

年金形式で生保年金を受け取ることのできる権利は相続時に相続税が課税されます。
一方、実際に年金を受け取った場合には所得税が課税されます。

これが二重課税として最高裁判決により違法とされたのです。

違法とされたのは所得税のうち、既に相続税で課税された分のみとなり受け取った年金の全てが課税対象から外れるわけではありませんので注意して下さい。

例えば確定年金の場合、
●残存期間 5年以下 の場合 → 年金総額の70%
●残存期間 5年超~10年以下 の場合 → 年金総額の60%
●残存期間 10年超~15年以下 の場合 → 年金総額の50%
●残存期間 15年超~25年以下 の場合 → 年金総額の40%
●残存期間 25年超~35年以下 の場合 → 年金総額の30%
●残存期間 35年超 の場合 → 年金総額の20%
の割合で課税されます。

年間500万円、10年の確定年金とすれば
500万円×10年×60%=3,000万円に対して相続税が課税されます。

一方、受け取った年金には
500万円×10年=5,000万円に対して所得税・住民税が課税されていました。
しかし、判決により上記3,000万円に対する課税は否定されたので、本来は2,000万円に対して税金を払えば良いのです。
このようにして生じた3,000万円に対する税金の払い過ぎが税務署から還付されることとなりました。

還付請求はこちらのページよりお申し込み下さい。成功報酬・後払い制、還付された金額の20%で還付手続きの全てを承ります。

投稿者: 日時: 2010年08月19日 09:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)


2006年08月14日

個人年金を受け取っている場合

 生命保険や損害保険による個人年金を受け取っている場合には、各保険会社から送られてくる個人年金の支払明細から「支給総額」と「必要経費」を把握してください。

 (支給総額-必要経費)の金額が雑所得として課税されます。

 年末調整を受けたサラリーマンで(支給総額-必要経費)が20万円以下である場合には、確定申告をする必要はありません。(源泉徴収されている所得税がある場合には、還付を受けることができます。)

投稿者: 日時: 2006年08月14日 09:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)


2006年08月13日

養老保険が満期になった場合

 養老保険が満期になって満期保険金を受け取った場合の税金は一時所得となります。
 満期保険金の支払明細から「受取金額(源泉徴収前)」と「払込保険料の総額」を調べて下さい。

 (受取金額-払込保険料の総額-50万円)÷2 

 上記の計算式による金額が課税される所得金額となります。
 年末調整をしたサラリーマンで上記の所得金額が20万円以下である場合には、確定申告をする必要がありません。(逆に源泉徴収されている所得税額がある場合には、還付を受けることができます。)
 なお、満期となった養老保険が2以上ある場合や、他の一時所得がある場合でも50万円は1年に1度しか控除することはできません。

 

投稿者: 日時: 2006年08月13日 09:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)


2006年08月12日

生命保険料控除

 生命保険料を支払った場合には、次の区分ごとに最高50,000円(住民税は35,000円)が控除されます。よって合計で100,000円(住民税は70,000円)の控除を受けることが出来ます。
 なお、サラリーマンの場合には、確定申告しなくても、年末調整で控除できますので各保険会社から送付されてくる証明書を保管しておきましょう。

(1)自分や親族の病気、事故、死亡等のための生命保険料
(2)自分か配偶者が受取人である個人年金保険料

 控除される金額(所得税の場合)

 年間保険料が25,000円以下・・・保険料の全額
 年間保険料が25,000円超、50,000円以下・・・保険料÷2+15,000円
 年間保険料が50,000円超・・・保険料÷4+25,000円

投稿者: 日時: 2006年08月12日 09:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)


法人の設立による不動産賃貸の節税、個人事業の円滑な事業承継をサポート。

賃貸物件を取得した場合に消費税の還付を受けるための各種届出、申請業務。

土地、建物等の不動産を売却した場合の各種特例による節税、確定申告業務。
生前贈与による相続税対策を致します。