志賀税理士事務所
所得税
消費税
法人税
不動産取得税
不動産譲渡会社設立による節税その他所得税
賃貸物件の消費税の還付その他消費税
相続・贈与税
料金表

2013年05月31日

最近の脱税犯罪への締め付け強化

平成25年に入ってから、今まで見逃されてきた各種節税(脱税)スキームの取り締まりが厳しくなってきたように感じます。

1つは確定申告期直前に逮捕されたコンサルタント、5月30日に在宅起訴されたコンサルタントによるいわゆる「無税入門」方式です。

「無税入門」という書籍が発売された頃から問題視されていましたが、要はサラリーマンが副業により多くの赤字を計上、それを事業所得として給料と相殺し、税金の還付を狙うスキームです。
このスキームのアキレス腱は、その副業が「社会通念上、事業と呼べる規模か?」と言う点です。
事業と呼べる規模でなければ、雑所得として赤字が無効になってしまいます。

報道レベルですが、逮捕されたコンサルタントは「架空の経費の計上」と言われておりましたので、見解の相違では済まされなかったのでしょう。

私のお客様でもご自身で年数万~10万円ほどの原稿料収入に対して高額の経費で赤字申告をしている方がおりました。
税務署の問い合わせがあって初めて申告書を拝見し、対応に入ったのですが、
税務署:この方法は先生がご指南されたのですか?
などとかなり厳しい対応をされました。
サラリーマンの赤字節税への風当たりはかなり強くなっているように感じます。

もう1つが、ほけんの窓口の元社長の消費税還付に関する捜査です。
こちらも報道レベルの情報ですが、架空の課税売上の計上が問題となったようです。
この件について、取材を受けたのですが、いわゆる「消費税還付を可能な法人を購入しての消費税還付」についてかなり税務当局が嫌悪感を抱いている様子です。

同じようなスキームとして、「赤字会社を買ってきて合併して繰り越し損失の相殺」というスキームがありました。
これは会社を買うことで税金が不当に安くなる租税回避行為として否認されるに至りました。
消費税還付用の法人購入はこれと構図が同じように感じます。

近い将来、この方法について改正、最悪の場合は遡っての否認(過少申告加算税や利息の罰金付きでの返金)が予想されます。
「法人を購入しての消費税還付」につきましてはこれらのリスクを承知の上で行うべきでしょう。
どうしても消費税還付を狙う場合には、ご自身で2年前から準備する、法人を設立して基準期間の課税売上を1,000万円以上にするなどリスクの少ない方法を採って頂きたいところです。

投稿者: 日時: 2013年05月31日 11:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)


2010年12月18日

平成23年税制改正Q&A

毎年複雑な税制改正について質問の多い項目をまとめてみました。

税制改正のページはこちら


Q1 法人税率は5%引き下げられたのでは?
A1 大企業・中小企業の利益800万円超は5%ですが、中小企業の利益800万円以下は3.52%の引き下げとなっています。


Q2 年収の高い人が法人を設立し、その法人から役員報酬をもらって給与所得控除分を節税ができなくなったと聞いたのですが?
A1 法人化で節税をする最も大きい効果は所得の分散による税率の引き下げにあります。
こちらは何の改正もありません。
高額の役員報酬をわざわざ年収の高い人に支給する節税法は最初から稚拙なのであって、所得が低くなるように仕組みを作っている方には影響はありません。


Q3 平成21・22年のような土地を取得した場合の1,000万円の特別控除や買替特例は?
A3 自民党政権時代のQ3のような特例は延長されませんでした。


Q4 結論として増税?減税?
A4 法人の形態に関わらず法人を利用している方には減税と言えます。
他方、サラリーマンにとっては給与所得控除の頭打ち・扶養控除の縮減で増税と言えます。

投稿者: 日時: 2010年12月18日 18:47 | | コメント (0) | トラックバック (0)


平成23年税制改正大綱の影響

民主党初の税制改正で発表が伸び伸びになった前年と違い、予定通り12月16日に税制改正大綱が発表されました。
民主党による税制改正は、会議の内容がオープンなので事前にある程度内容が分かるので税理士としては助かります。

全体として「金持ちに厳しく、庶民に優しい」民主党らしさが税制改正にも出ているように感じます。

本年は不動産投資業界を狙い撃ちにしたような改正はありませんでしたが、税率の変更など根本から改正する項目が多いのが特徴的でした。

不動産投資オーナーとしてはどのような形態であれ「法人化していれば減税の恩恵を受けられる」内容となっています。

(1)法人税率の引き下げ

「法人の実効税率が5%引き下げられた」ともっぱらの話題ですが、大企業及び中小企業の利益800万円超の部分が5%引き下げられたに過ぎません。
節税目的の同族会社の中心となる「中小企業の利益800万円以下部分は3%(住民税込で約3.52%)の引き下げ」となりました。

これにより、不動産所有法人・管理法人・サブリース法人のいずれの形態を採っていたとしても法人化していれば減税の恩恵を受けることができます。

減税額:法人の800万円以下の利益×3.52%


(2)法人の損失の繰越期間が7年→9年に延長

法人の繰越損失が一部制限されましたがそれは大企業のみとなっています。
中小企業は単純に繰越期間が7年→9年に延長されました。
不動産投資業で赤字続きということはまずありませんが、一応減税と言えるでしょう。


(3)給与所得控除額が給与1,500万円で打ち止め

無制限であった給与所得控除額が1,500万円で打ち止めになることとなりました。
不動産投資の節税法人から給与1,500万円以上も払うことはあまり考えられないため、高収入のサラリーマンを狙い撃ちにする増税と言えます。

増税額:1,500万円を超える給与の金額×5%×税率


(4)法人役員の高額の給与所得控除額の減額

こちらも増税項目となりますが、税率の高い個人に高額の役員報酬を支給することはあまり考えられないため、高収入のサラリーマン役員を狙った増税と言えます。


(5)扶養控除の廃止・縮減

子供手当の実施や高校の授業料無償化に伴い、扶養控除が廃止・縮減されました。
低収入層は(子供手当 ≧ 増税)となりますが、高所得層は(子供手当 = 増税)となってしまいます。


(6)相続税の基礎控除の引き下げ

相続税の基礎控除
5,000万円+法定相続人の数×1,000万円

3,000万円+法定相続人の数×600万円
に引き下げられました。

増税であるだけでなく、そもそも申告義務者を倍増させる効果があります。


(7)相続税率の引き上げ

相続税率が45・55%部分が創設され、最高税率が引き上げとなりました。


(8)相続税の生命保険金の非課税枠の限定

生命保険金の非課税枠が障害者、未成年者、被相続人と生計を一にしていた者などに限定されました。
この非課税枠を目当てに生命保険契約を組んでいた方も多く、影響は大きいものと予想されます。


(9)消費税の免税事業者の判定に前期の前半の課税売上が追加

細かい内容なので日経等でもほとんど報道されませんでしたが、消費税還付を受けている方などは注意が必要です。
前期の前半の課税売上が1,000万円を超えると課税事業者になってしまいます。

投稿者: 日時: 2010年12月18日 09:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)


2009年08月31日

民主党圧勝で税制はどうなる?

(注)この「民主党圧勝で税制はどうなる?」の内容は1人の税理士の予想であり、確定した事項ではございませんのでご注意下さい。

8月30日の衆議院選挙で民主党が圧勝、政権政党となることとなりました。
子供手当や高速道路の無料化など多くのマニュフェストがありましたが税制はどうなるのでしょうか?

民主党政策集2009を読み、不動産賃貸オーナーに影響しそうな部分としては

(1)子供手当に伴う配偶者控除、扶養控除の廃止(子供のいる家庭は負担減、子供のいない家庭は負担増)
(2)給与所得控除額の上限の創設(一定以上1200万程度?の給与を受けている方は負担増)
(3)法人税率の引き下げ(法人の設立による節税を行っている方は負担減)

の3つはほぼ確実かと思われます。

相続、贈与税についてはまだ枠組みが明らかにされておりませんので、負担減、負担増のどちらへ向かうかわかりません。
消費税についてはインボイス方式の導入、税率の引き上げ4年間凍結のみが示されていることから、当事務所の消費税の還付には影響を及ぼさないものと思われます。

なお、どのような改正が行われるにしても最短で平成22年4月1日からの施行となります。

投稿者: 日時: 2009年08月31日 15:36 | | コメント (0) | トラックバック (0)


法人の設立による不動産賃貸の節税、個人事業の円滑な事業承継をサポート。

賃貸物件を取得した場合に消費税の還付を受けるための各種届出、申請業務。

土地、建物等の不動産を売却した場合の各種特例による節税、確定申告業務。
生前贈与による相続税対策を致します。